口臭予防ができる歯磨き粉

口臭と胃

口臭、歯の黄ばみに悩む人におすすめ

 

※現在大人気につき品薄となってしまっているため、発送まで一週間〜10日ほどお待ちいただく場合があります。
タバコ、コーヒー、食品、加齢による口臭、黄ばみに

 

【口臭だけでなくホワイトニングも同時に対策】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



時期によって品切れの場合もございますのでご了承ください。

 

 

 

胃が痛い時や胃が荒れてる時、お酒の飲みすぎなどで胃がもたれてる時って口臭が出やすいと感じるときありませんか?
いろいろ諸説あるんですが、胃の炎症や胃もたれの場合は口臭が出やすいみたいです。
口臭が消えない場合これらの口臭の原因も検討してみましょう。

 

ピロリ菌のによる口臭

 

胃炎などの原因によく言われるピロリ菌ですが、主に幼少期に井戸水を飲んだりすると感染するとも言われています(他にもありますが)
ピロリ菌がいることで胃酸過多になったりすることで胃酸のニオイが口臭となって出てくる場合もあるそうです。
また喫煙、飲酒などにより普通よりも口臭が出やすくなります。
ピロリ菌は細菌はピロリ菌を抑える薬もあり、内科などでも処方してもらうことができます。

 

喫煙、飲酒による胃炎

喫煙や飲酒をする人は様々な理由で口臭が発生しやすくなります。
逆流性食道炎による胃酸の逆流で口臭が出やすくなる傾向が多いとされています。
また喫煙することでタバコに含まれるスカトールやアンモニアなどが口臭となる場合もあります。
タバコそのものが口臭の原因となってしまってる場合もあるので口臭を気にするのであれば可能な限り抑えてみましょう。
それ以外にも喫煙は唾液不足なり歯周病菌が増えてしまうことで口臭が出やすいとも言われています。

 

慢性胃炎による口臭

慢性胃炎による口臭は胃炎によって胃の消化が悪くなり、結果として残った消化物が発酵して口臭が出る場合があります。
また内臓疾患などによっても口臭が発生する場合があります。

 

これら以外にも胃炎などによって唾液の分泌が少なくなると口臭が発生すると言われています。
唾液には口臭を発生させる菌の繁殖を抑えたり、細菌類によって発生した口臭を吸着させて臭いにくくする効果もあるとされており、
唾液と口臭は非常に関係が深いと言われています。
唾液を出す方法は胃炎を抑えたり、食事の際によく噛む舌をたくさん動かすことで唾液の分泌を促すことができるので、
口臭が消えないのであればこれらも考慮に入れてみましょう。

 

また胃はストレスにも弱く、ストレスによって胃が弱ることで体の免疫が落ちたりいろいろと口臭の原因となってしまう場合があるので、胃炎がひどい場合は早めに病院などで診察してもらうことをおすすめします。
口臭は歯磨きだけでなく、さまざまな原因によって発生するので歯磨きしてるのに口臭が消えない、歯磨きしてもすぐに口臭が発生してしまう・・・という場合などはこれらの原因を疑ってみるのもいいですね。