舌磨きと口臭

舌磨きと口臭

口臭、歯の黄ばみに悩む人におすすめ

 

※現在大人気につき品薄となってしまっているため、発送まで一週間〜10日ほどお待ちいただく場合があります。
タバコ、コーヒー、食品、加齢による口臭、黄ばみに

 

【口臭だけでなくホワイトニングも同時に対策】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



時期によって品切れの場合もございますのでご了承ください。

 

 

最近舌磨きグッズが販売されたり、舌磨き専用の歯ブラシも販売されています。
確かに舌を見ると白く口臭が出そうなイメージですね。

 

また一般的に舌磨きが口臭予防にいいというイメージが定着してきているのでそれで舌磨きを行う人が増えてるいるようです。

 

しかし舌磨きは口臭をなくすどころか、口臭を発生させてしまう原因とも言われているのはご存知でしょうか?

 

舌磨きと口臭

舌を出すと舌が白い・・・
これは歯垢が貯まっているのではないか?と考える人も多いと思います。
しかし舌が白いというのは体調が原因の場合もあります。
虚弱体質で身体が冷えやすい人や脂肪肝の人は舌が白くなりやすいとも言われています。
ここで覚えておいてほしいのが

 

「舌が白い=舌磨きをしていないから」

 

という理由ではないことが一番重要なのです。
舌が白いから舌磨きしなきゃ、口臭がでてる
というものではないのです。

 

それ以外にも胃炎や風邪などの体調不良の時、飲みすぎた時、冷たいものをとりすぎた時にもにも舌が白くなる場合もあります。
お医者さんがよく「舌を出して」と言われて行うのを「舌診」と言いますが、舌苔は体の状況によって変わってくるからなのです。
これらの場合舌磨きをしてもすぐにもとの状態に戻ってしまうことも多いのです。

 

舌苔はとってはいけない?

話はもどって舌苔をとることは良いことか?ということです。
最近は口臭の原因は舌苔だと言われていますが、これは一概にいえないのです。
というのも舌苔がある人が口臭がひどいかと言われるとそうではないからです。

 

反対に舌苔がない人でも口臭がひどい人もいます。
実は舌苔には様々な菌がいて、口臭を発生させる菌もいるのですが、これらの菌の繁殖を抑える菌、体にいい善玉菌も存在してるわけです。
しかし、むやみに舌を磨くことでこれらの菌のバランスを崩してしまい、生命力の強い悪い菌ばかりが出てくる場合もあります。
こうなると口臭が出やすくなるのです。
実際に舌磨きをしたら口臭が余計にひどくなったという話はよく聞きます。
この状況になるとほとんどの人がさらに舌を磨くようになり、また口臭が発生するという悪純化にハマってしまいます。
ですので口臭がするからとむやみに舌磨きをすると歯磨きや舌磨きをしてるのに口臭が出てしまうという状況になってしまうのです。
そもそも舌磨きとはいっても舌はかなり喉の奥まであるので、完全に磨ききるのは不可能と言えます。
そんなことをするよりも体調管理などを行う方が口臭予防には効果的と言えます。