唾液を出して口臭予防

唾液を出して口臭予防

口臭、歯の黄ばみに悩む人におすすめ

 

※現在大人気につき品薄となってしまっているため、発送まで一週間〜10日ほどお待ちいただく場合があります。
タバコ、コーヒー、食品、加齢による口臭、黄ばみに

 

【口臭だけでなくホワイトニングも同時に対策】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



時期によって品切れの場合もございますのでご了承ください。

 

 

口臭予防のコツといえば「唾液」です。
口臭を防ぐと言えば歯磨きばかりが注目されています、もちろん歯磨きは口臭を予防するうえで絶対に必要なことでしょう。

 

しかし唾液も口臭予防の観点からは非常に重要な要素なのです。

 

唾液は口臭を防ぐ様々な効果があります。
唾液は口臭を発生させる菌が出した口臭の臭いを吸着させる効果や、唾液の殺菌作用によって口臭を発生させる細菌の繁殖を抑える効果があるとされています。

 

唾液は口臭予防にとって必要不可欠な体の器官なのです。

 

例えば緊張した際に口が臭くなったと感じたことはありませんか?
唾液は唾液腺から出るわけですが、精神的になんらかのストレスを感じると唾液は出にくくなります。

 

また寝起きも同じです、寝てる間は唾液は極端に少なくなってしまいます。
ですので朝起きると口臭がきつくなるわけです。

 

意外と歯磨きだけが口臭予防に最適と思われがちなのですが実は唾液も非常に重要なのです。

 

しかし最近はペットボトルなどが増えたため、いつでも水分補給ができるようになりました。
ここで問題なのは口の中が乾いた場合に水分を唾液で補おうとする機能が減ってきたことです。
いつでもペットボトルなどから水分補給ができるので本来出るはずの唾液が出にくくなってる人が増えているのです。
これらをドライマウス症候群と言い、最近この症状のために口臭や口の中のトラブルを抱えてる人が増えているのです。

 

唾液を出すには?

ではドライマウス症候群まではいかなくても唾液が出ない、口の中がネチャネチャする、
口の中がいつもぱさぱさして口臭がひどい、という場合はどうすればいいのか?ということですね。

 

この場合は唾液は唾液腺から分泌されるので、唾液腺を刺激することをしてあげればいいのです。
まず唾液腺を刺激するにはよく噛んで食べることです、
咬合(噛むこと)は脳に刺激が行き、咀嚼することで唾液を分泌せよと脳が唾液腺を刺激するのです。

 

ですので普段の食事でもよく噛んで食べてみましょう。
またガムなども唾液を出しやすくなるのでおすすめです。

 

ガムというと香料が口臭を消すと思われがちなのですが実はそうではなくガムを噛むことで唾液腺が刺激されるので、
それで口臭が減るわけです。

 

また舌を良く動かすことでも唾液腺は分泌されます、普段舌をあまり動かすことはないかと思いますが、
唾液を分泌するために普段食事をしない時でも舌をたくさん動かすようにしましょう。