タバコは口臭の大きな原因

タバコの口臭を抑える歯磨き粉とは?

口臭、歯の黄ばみに悩む人におすすめ

 

※現在大人気につき品薄となってしまっているため、発送まで一週間〜10日ほどお待ちいただく場合があります。
タバコ、コーヒー、食品、加齢による口臭、黄ばみに

 

【口臭だけでなくホワイトニングも同時に対策】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



時期によって品切れの場合もございますのでご了承ください。

 

 

タバコと口臭は実はかなり関係あります。
ほとんどの人がタバコからくる口臭と言えば喫煙によるいわゆる「タバコ臭い」だと思います。

 

もちろん非喫煙者からすればそれですらも迷惑な口臭となりますね。

 

でも実はタバコは非常に口臭と結びつきやすいのです。
また喫煙をしてる本人も気が付かないくらい悪臭を放ってる場合もありますので注意が必要です。
「タバコと口臭」その理由について書いてみましょう。

 

 

タバコのヤニによる口臭

タバコに含まれるヤニ、いわゆるタールですね。このタールそのものがかなり臭いにおいを発し、タールは舌や歯、歯垢、歯石などにも付着します。
また肺などにもタールは付着するために呼気としてもタバコ臭さというのが混ざるのです。

 

一酸化炭素

あまり知られていませんがタバコには一酸化炭素が含まれています、この一酸化炭素は体内の酸素濃度を低下させる性質があり、口の中に血流が回らず、唾液の分泌などを止めてしまうことがあります。

 

唾液には口臭を抑える効果や口臭を発生させる細菌をやっつけてくれる作用があるためにタバコを吸うことでこれらの唾液による口臭予防効果が減ってしまうのです。

 

これら以外にもタバコには口臭の原因となるスカトールやアンモニアなどが含まれており、呼気としてこれらが上がってくることで悪臭となるのです。

 

 

タバコとコーヒー

またタバコを吸う人はコーヒーを良く飲みます。
コーヒーそのものも臭いがキツイのですが、利尿作用があるために、体の水分を奪う性質があります。
ですのでタバコを吸いながらコーヒーを飲むことで唾液の分泌量が大きく減ってしまうのです。
タバコを吸う人の口では唾液の分泌が極端に減ってネチャネチャとした唾液になります、口臭を抑える唾液は主にさらさらした水分量の多い唾液なのですが、コーヒーを飲むことでこれらのサラサラ唾液がネチャネチャした唾液となってしまうのです。
またタバコを同時に吸うことで一酸化炭素により口腔内の血流が悪くなりさらに口の中がネチャネチャします。
いわゆるドライマウス症候群の状態となるのでタバコを吸うことはかなり口臭を発生させてしまう原因となってしまうのです

 

タバコの口臭を防ぐには?

タバコの口臭を防ぐにはもちろん禁煙が一番ですが、もし難しいようであればなたまめ柿渋歯磨き粉などがオススメです。
なた豆による自浄作用と柿渋による即効性の口臭予防効果が期待できます。