なた豆歯磨きは他の歯磨き粉と違うの?

なた豆歯磨きは他の歯磨き粉と違うの?

口臭、歯の黄ばみに悩む人におすすめ

 

※現在大人気につき品薄となってしまっているため、発送まで一週間〜10日ほどお待ちいただく場合があります。
タバコ、コーヒー、食品、加齢による口臭、黄ばみに

 

【口臭だけでなくホワイトニングも同時に対策】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



時期によって品切れの場合もございますのでご了承ください。

 

 

Q:かかりつけの歯医者さんから歯周病を改善させるにはなた豆歯磨き粉がいいと言われました。
なた豆歯磨き粉って他の口臭予防歯磨き粉とそんなに違うのですか?

A:なた豆歯磨き粉の原料であるなた豆にはコンカナバリンAという成分が含まれており、これが歯周病菌の原因である歯槽膿漏などの歯茎の炎症などに直接働きかけて、改善する効果を持っている、といわれています。

 

一般的な歯磨き粉は研磨剤によって、歯に溜まった歯垢や歯周病菌などの菌を掻きだす、あるいは配合されている殺菌成分によって歯周病の原因菌を殺菌するものが、ほとんどです。このように一般的な歯磨き剤は歯周病の原因を取り除くことに重点をおいていますので、歯茎の炎症や膿など、既に歯周病にかかってしまっている場合には、あまり効果が感じられないことがほとんどです。

 

ところがなた豆歯磨き粉は、最初にお話したとおり、配合されているコンカナバリンA(これはなた豆特有の成分といわれています)がすでにかかってしまった歯周病の炎症部分に直接働きかけて改善させる効果を持っている、といわれていますので通常の歯磨き粉とは歯周病に対する働きかけ方が根本的に異なっています。

 

しかしながらなた豆と歯周病との関係は、まだはっきりとよくわかっていないというのが現状で、いまでも様々な分野での研究が進められています。いっぽうでなた豆歯磨きに効果を感じおられる方も多数いらっしゃいまして、そもそもなた豆を歯磨きに配合しようと考えたのは、なた豆を生産している農家の方々の口臭がほとんどない、ことからであったといわれています。

 

また、なた豆の持っている促膿や抗炎症作用に着目して、漢方薬の世界では古くから使われてきましたし、なた豆茶なども飲まれてきました。よくわかっていというのは、効果がないという意味ではなくて、効果があることに注目が集まり、後追いでその研究が始まっている、といえるのかもしれません。裏返せば、それだけ効果を感じる方が多いということですね。
ぜひ、なた豆歯磨き粉の使用をおススメいたします。