歯磨きしても口が臭い原因とは?

 歯磨きしても口が臭い原因とは?

口臭、歯の黄ばみに悩む人におすすめ

 

※現在大人気につき品薄となってしまっているため、発送まで一週間〜10日ほどお待ちいただく場合があります。
タバコ、コーヒー、食品、加齢による口臭、黄ばみに

 

【口臭だけでなくホワイトニングも同時に対策】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



時期によって品切れの場合もございますのでご了承ください。

 歯磨きしても口が臭い原因とは?

 

 口臭は、「口が臭い」と自分で気が付いていると人と会話するのが怖くなってしまいます。

 

 そんなことを言っても会話は毎日の生活の中でとても重要ですので、口臭はどうにかして解決しないといけません。

 

 でも歯磨きをしているのになぜか

 

 ・口臭が止まらない

 

 ・歯磨き直後だけさわやか、でも再び口の中があの嫌なドブの臭いになってしまう

 

 など、とても厄介なものなのです。

 

 

 女性でも男性でも口臭はエチケットですから原因をまずは見つけましょう。

 

 

 

 ●「なぜ、自分は口臭がキツイのか?」

 

 

 1.細菌増殖

 

 

 口の中の細菌を自力でやっつける作用があるのは実は唾液と大きな関係があるのです。

 

 あなたはドライマウスではありませんか?

 

 ドライマウスとは口の中が常にカラカラになり、異常に乾燥することをいいます。

 

 ガムを噛むなどで唾液が分泌し口臭の予防するにもつながりますが、基本は正しい歯磨き方法で口の中を清潔に保つ習慣と、規則正しい生活で生活習慣を改善しストレスのない毎日を送るというのがポイントになります。

 

 食事も3食きちんと食べて柔らかいものばかりではなく、歯ごたえのなるものをよく噛んで食べることで歯と歯茎に刺激が行き渡り、唾液の分泌を活発にし口内を湿潤させることができます。

 

 当たり前のことのように思えますが、生活習慣の乱れから口臭の原因になっている方が実は多いのです。

 

 

 

 2.虫歯がありませんか?

 

 

 口臭の中で、最も多いのは実は虫歯による口臭。

 

 歯磨きをサボり、磨き残しがあると歯垢が歯石化し歯の周りにビッシリと汚れが密着し、歯磨きしても取り除くことができなくなります。

 

 すると口内には虫歯菌が発生し、歯と歯の隙間に食べかすが残ってできる歯垢から、酸が歯を溶かして口臭を発します。

 

 そして、虫歯ができる段階で、酸が食べかすと混ざり合う時にあの臭いニオイが発生するのです。

 

 さらに虫歯が進行する際、この酸の臭いと食べかすの分解臭が混じって悪臭を放ちます。これが、虫歯による口臭というわけです。

 

 歯垢、歯垢も細菌も塊まりですので口臭と深いかかわりがあります。

 

 

 

 3. 膿栓

 

 

 膿栓とは、扁桃線の表面にある無数の小さい穴に溜まった細菌の白い塊のことです。

 

 知らないうちに飲みこんでしまう可能性もありますが、詰まったままにしていると悪臭がします。

 

 ほとんどの場合は飲みこんでしまうようです。

 

 

 

 口臭の予防になる最大のポイントとは常に口内を清潔にし、「唾液の分泌」が重要になります。

 

 ご自分でも予防法としては

 

 ・ガムを噛む

 

 ・食後のうがいや歯磨き、マウスウオッシュ

 

 ・定期的に歯科医院に出向き、歯石の除去

 

 などがありますので口臭予防に努めましょう。