口臭予防にいい食べ物や対策とは?

口臭予防にいい食べ物や対策とは?

口臭、歯の黄ばみに悩む人におすすめ

 

※現在大人気につき品薄となってしまっているため、発送まで一週間〜10日ほどお待ちいただく場合があります。
タバコ、コーヒー、食品、加齢による口臭、黄ばみに

 

【口臭だけでなくホワイトニングも同時に対策】

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓



時期によって品切れの場合もございますのでご了承ください。

 

 

Q:口の臭いが気になります。
緑茶が口臭にいいと言われていますが、
私の知り合いは緑茶を毎日飲んでますが口臭が非常にキツイのでまり効果がないのかなと思っています。
他に口臭にいい食べ物や対策があれば教えてください。

A:食べ物によって口臭を改善するためには二つの考え方があります。一つ目は口中の環境を改善。維持してあげること。もう一つは食物によって胃や大腸など内臓の環境を改善してあげることです。つまり口臭の原因には口腔内を原因とするものと、内臓を原因とするもの、二つがあるとお考えいただけますとわかりやすいかと思います。

 

口腔内環境を改善・維持する方法
人間の口の中には生まれながらにして口臭や虫歯の原因となる細菌(虫歯菌、歯周病菌など)の増殖を抑え、またそれらの細菌が活発に活動できないようにする機能が備わっています。その役割を担っているのが唾液です。口呼吸やストレス、喫煙、加齢などによって口腔内の唾液の量が低下することで、上記した機能が低下し、結果細菌の活動が活発化し、口臭が発生します。
すなわち口臭を防ぐ有効な方法は唾液の分泌を活発にするということが非常に重要です。

 

唾液の分泌を活発にする食物としては、まず水分をたっぷりと摂ること、緑茶なども殺菌成分がありますので確かに有効なのですが、大切なのは継続して口腔内の環境を維持することですので、やはり継続して唾液を分泌し続けることが重要です。梅干しなどの酸っぱいもの、あるいはガムなどを噛むのも非常に有効です。またストレスも唾液の低下には影響しますので睡眠不足を引き起こすカフェイン入りの飲料や炭酸水などもできるだけ控えた方がよいでしょう。

 

内臓の環境を改善する方法

 

胃炎や胃潰瘍など内臓の疾患が原因で口臭が発生することがあります。おもに便のような臭いがするのですが、これは上記の内臓系疾患で消化した食物が通常以上に内臓内に滞留することで、腸内で便に変わるときに発生するガスが、本来ならばオナラとなって体外に排出されるのですが、通常より大量に発酵しているためにガス量が増え、血液に混ざって体内を循環、その一部が肺に達して口から出てくることに原因があります。

 

食物によってこの状況を食物で改善するためには、できるだけ脂っこいものを避けて、野菜や果物など胃に優しい、消化しやすい食物を摂ることが肝要です。脂っこいものは消化に時間がかり、その分胃への負担が大きくなります。また野菜や果物に含まれているビタミンCは内臓の調子を整える効果がありますので、内臓環境の改善には非常に有効です。

 

是非お試しあれ!